これが世界初の歯磨き粉!!

\!!世界初!!/


最強歯磨き粉【ブリアン】誕生!

↓↓↓


▼詳細は画像をクリック▼

【危険】2歳で虫歯予防をしておかないとこの先も・・・

2歳になると、奥歯もはえてきて、歯磨きも大変になってきます。
それと同時に、食べるものも増えてきて、今まで以上に虫歯のリスクがあがります。

 

実は、2歳半までの食生活で、今後虫歯ができやすい歯になるかが決まるんです!
大人になってもそれは一緒なので、本当にその子の虫歯人生を決めるのは2歳半までの生活ということになります。

 

子どもに虫歯で苦労させたくないですよね。
虫歯予防することで、限りなくリスクを減らすことができます。

 

もしやっていない項目があれば、今すぐ取り掛かりましょう!

 

 

虫歯にならないための予防法

 

食器の共有

歯医者さんに通っている人であれば、注意されたことがあるかもしれません。

 

スプーンやフォークを共有すると、そこから大人の虫歯菌が子どものお口に入ってしまいます。

 

菌はそう簡単にはいなくならないので、入った時点でそこに居座ってしまいます。特に親に虫歯がある場合は要注意。

 

あと、何気に多いのが、じじばばです。笑
きっと心当たりがあるんじゃないでしょうか?

 

昔の人は、口の中で噛み砕いて子どもにあげてたりしたので、そこに抵抗はありません。

 

じじばばになかなか言いにくいですよね。言い方間違えたら、じじばばの口がばっちいみたいですし…(^^;)

 

私の場合は、偶然その場を目撃した義姉が、「それだめよ!虫歯菌うつるよ!ねえ!?」とめちゃくちゃストレートに言ってくれました。笑

 

もし言いにくい場合は、旦那さんに言ってもらいましょう。子どもの将来を決めることなので、言いにくいとかいってる場合じゃないですね♪

 

 

甘いものを食べすぎない

特に飴、グミなどは虫歯の原因になります。長時間口の中で含むので、その成分が定着してしまうんです。

 

他にもジュースもそうですね。できれば避けておきたい食べ物です。

 

 

 

検診をうける

歯医者さんの定期検診いっていますか?

 

虫歯チェックやフッ素をしてくれるところが多いと思います。そこで虫歯がみつかれば、早く対処することもできるので、3ヶ月ごとくらいに通いましょう。

 

もし親も虫歯があるのなら、これを機に一緒に治す方が、虫歯菌がうつらないのでいいかもしれませんね。

 

 

歯磨き粉を使う

フッ素入りの商品が多数出ているので、どうせならフッ素入りを使いましょう。

 

どんなのがいいかわからない人は、歯医者さんに売ってたりしますし、おすすめを聞いてみるのもいいですね!

 

 

これだけの項目が完璧にできていれば、虫歯のリスクがさがります。ぜひ参考にしてくださいね♪