これが世界初の歯磨き粉!!

\!!世界初!!/


最強歯磨き粉【ブリアン】誕生!

↓↓↓


▼詳細は画像をクリック▼

【助けて!】2歳の虫歯がひどい時どうしたらいいの?

2歳だからといって、虫歯が進行しないというわけではありません。
2歳でも大人と同じように悪化しますし、神経をとることにまでなる場合があります。

 

小さな小さな虫歯でも、子どもの場合は進行が早いので、あっという間にひどい虫歯になってしまいます。
悪化すると歯が黒くなってしまい、気づいた時には麻酔で治療しなきゃいけないレベルになっているかもしれません。

 

虫歯が悪化してひどくなった時にどうすればいいのか、みていきましょう!

 

 

虫歯がひどくなってしまったら

とにかく歯医者へ

 

虫歯らしきものや症状をみつけたら、すぐに歯医者にいきましょう。ひどくなっている時は、子どもも痛がっている場合があります。

 

次の診察日まで待たずに、すぐに歯医者に電話して指示を仰ぎましょう。

 

歯医者では虫歯のひどさによって対処が変わります。そこまでひどくなければ、フッ素で様子を見ることになります。

 

もし進行しているようであれば、進行止めを塗ってくれます。

 

黒くなっていたり、かなりひどい場合は、歯を削ります。削ったから解決ではなく、一度虫歯菌が口の中にできてしまえば、いつ虫歯になってもおかしくありません。

 

そうならないために、歯医者さんの定期検診は必ず受けましょう。歯の裏とか、見えにくく磨きにくいとこなど、虫歯になっているかもしれません。

 

ほとんどの歯医者さんが快く検診をしてくれるので、遠慮せず行きましょう。

 

 

 

・これ以上悪化したいための対策

 

ひどい虫歯が悪化しないために、そして他の歯が虫歯にならないために、早急に対策をとりましょう。

 

虫歯で多い原因は、授乳です。
もし授乳しているのであれば、もうこれを機に断乳しましょう。
まだまだできない子もいるかもしれませんが、続ける以上は虫歯の可能性があがると思って下さい。

 

他にもジュースのだらだら飲みも虫歯の原因になります。
おかわりしまくって、ジュースばかり飲んでいたら、確実に虫歯リスクが高まります。
特にじじばばと同居の方。
ジュースやおやつを常にあげてしまったりしていませんか?
みてもらっている時など、もしかしたらたくさん食べたり飲んだりしているかもしれません。
「虫歯かもしれないといわれた」と言って、やめてもらいましょう。
きっとわかってくれるはずです。

 

最後に、歯磨きをきちんとすることです。
歯と歯の間は食べカスがたまりやすいです。磨き残しは虫歯の元なので、細かいところもきれいに磨きましょう。

 

もしなかなかうまく磨けない場合は、例えば一緒に歯磨きしたり、歯磨き動画をみせたりして、その気にさせましょう。
上手にできたら、めちゃくちゃ褒めてあげてください。
それだけで2歳児ならやる気になります。

 

「あーん」が出来ただけでも、大げさに褒めてあげましょうね。
ママが険しい顔や怒鳴りながらしてしまうと、どんどんやる気を失ってしまいます。
そこは頑張って褒め褒め作戦でその気にさせましょう!