これが世界初の歯磨き粉!!

\!!世界初!!/


最強歯磨き粉【ブリアン】誕生!

↓↓↓


▼詳細は画像をクリック▼

【治療法は?】2歳の虫歯を早く治療したい!

2歳になると、突然やってくるのが虫歯のリスクです。
食べ物の幅もかなり広がり、これまで避けてた甘い物を解禁するママも多いと思います。

 

もし虫歯になってしまったら、どんな治療をするのでしょうか?
歯医者好きの2歳児はなかなかいないので、どうなるのか気になりますよね。

 

 

2歳で虫歯になったら?

もし虫歯になったら、歯医者さんで治療をお願いすると思います。
治療といっても、その手段は様々で、虫歯の状況次第で変わってきます。

 

でも実は、歯医者さんでは、2歳に虫歯の治療をしないことがあります。
よっぽど急いで対処しないといけない場合以外は、「3歳まで待ってから治療をしましょう。」と言われるかもしれません。

 

なぜかというと、2歳に治療することは、かなり本人の負担になるからです。
もし歯を削るのであれば、少なからず痛みが生じます。
2歳で機械で削られて、痛みを感じて、それをぐっと我慢できる子がいるのでしょうか?
なかなか稀だと思います。

 

ほとんどの子が、泣き叫び、口をあけなくなってしまいます。
暴れる子もいるでしょう。

 

そんな子のために、タオルでぐるぐる巻きにして行うところもあります。
なかなか辛い光景です。
しかもそれがトラウマになって、もう歯医者に行きたがらなくなるかもしれません。

 

そうなってしまうとさらに困ってしまいます。

 

もし虫歯の進行がひどく、大がかりな治療が必要な場合は、小児専門の歯医者さんがいいかもしれませんね。

 

 

もしそこまでひどくない虫歯の場合は、普通の歯医者さんでも対応してくれます。
どんなことをするのか、確認しましょう。

 

・フッ素を塗る
定期的に行っているかもしれませんが、フッ素を塗ることで治る場合もあります。
かなり軽度の場合は、フッ素で様子を見ることがあります。

 

・進行止めを塗る
サホライドという進行止めの薬を塗ります。
悪化するのを防ぐので、メリットが多いですが、ただひとつ気になることが。
塗ったところが酸化して、黒くなってしまうんですよね。
歯の裏ならまだいいですけど、表が黒くなると非常に目立ちます。

 

それがいやで避けているママもいるくらいです。
どの程度黒くなるかなど、歯医者さんに聞いてみましょう。

 

これ以上の対応になると、専門の歯医者さんか、進行止めをして3歳まで待つかになってきます。

 

 

<歯医者を嫌がるようになったら>

 

怖い思いをすると、2歳児は行くのを猛烈に嫌がると思います。
入口に入らない子もいます。
慣れさせるためにも、定期的に検診に行くようにし、その雰囲気を楽しいものと認識させましょう。
今は子どもが楽しめるような工夫がたくさんしてありますからね♪