これが世界初の歯磨き粉!!

\!!世界初!!/


最強歯磨き粉【ブリアン】誕生!

↓↓↓


▼詳細は画像をクリック▼

【こんなに早くから!?】2歳で初期虫歯ができる可能性が!

虫歯ができるのって、何歳くらいからなんでしょうか?
実は、早い子で1歳半でできる場合もあるんです。

 

大体の地域で1歳半検診があって、そこで歯科検診もありますよね。
そこでひっかかる子もまれにいるんです。

 

ということは、2歳で初期虫歯ができる可能性は十分にあるということになります。

 

しかも、2歳半までに虫歯ができやすい体質になるかが決まると言われています。
なので特に2歳ごろは注意をしないといけません。
ちいさな虫歯でも、2歳の歯は薄いため、あっという間に悪化し、他のところにもできてしまいます。

 

もし、2歳で初期の虫歯ができないようにするには、どう対策をとればいいのでしょうか?

 

 

初期虫歯を回避せよ!

初期の虫歯は、親の対策次第で回避することが可能です!子どものためにも頑張りましょう♪

 

 

授乳中ではないですか?

もし授乳をしているのであれば、虫歯の原因になる可能性が非常に高いです。

 

初期虫歯で悪化している子どもの中では、授乳中の割合がかなり大きいんです。

 

母乳をあげていなくて、ミルクもそうです。母乳や哺乳瓶は、上あごに押しつけて飲みますよね。

 

なので、長時間そこに甘い成分がついて、ひっついたままになり、虫歯に発展してしまいます。授乳中の方は少し考えた方がいいかもしれませんね。

 

 

 

歯医者にいっていますか?

歯医者では定期検診をすすめています。虫歯がないかみてくれたり、歯磨き指導もしてくれたりします。

 

フッ素を塗布してくれるところもあります。

 

ちゃんと通っていれば、磨けていないところをおしえてくれたりもしますし、虫歯のリスクを格段に下げることができます!

 

また、もし少しでも気になることがあれば、すぐに行きましょう!

 

「3歳検診の時に聞いてみよう。」では、手遅れになっているかもしれません。いつもと違う状況を見つけたら、とにかく歯医者さんにいきましょう。

 

 

 

甘いもの食べ過ぎていませんか?

おやつあげすぎていませんか?

 

そもそもおやつは捕食の役割です。決してお菓子タイムではありません。

 

甘いジュースにクッキーなどあげていると、虫歯のリスクはあがってしまいます。たまにならいいですが、それを日常化することはやめましょう。

 

そしてもしジュースやクッキーを食べたのであれば、食べ終わったらお口をゆすぐか、水や麦茶を飲むようにしましょう。

 

 

上記のことをきっちりしていれば、少しでも回避することができます。本当は親のスプーンやフォークを使わないなどもありますが、上に書いているのは基本中の基本です。

 

もし当てはまるところがあるなら、すぐに対策をとるべきところです!

 

初期虫歯にならないようにするためにも、大変ですがママも頑張りましょうね!