これが世界初の歯磨き粉!!

\!!世界初!!/


最強歯磨き粉【ブリアン】誕生!

↓↓↓


▼詳細は画像をクリック▼

2歳の虫歯で前歯が溶けることがある!?【怖い!!】

虫歯で前歯が溶ける話を聞いたことがありますか?
それ、2歳児でも有り得るんです!

 

「前歯が溶けてしまうってどういうこと!?」

 

そんな疑問をもつ方に、わかりやすく説明していきます!

 

 

なんで前歯が溶けちゃうの?

前歯は虫歯が原因で、溶けてしまうことがあります。
2歳の歯はまだまだ薄いので、虫歯のせいで溶けてしまうんです。

 

溶ける程の虫歯になってしまう原因が実は1つあります。

 

それは、授乳です。

 

最近の母乳育児では、断乳はせずに、本人がいらないと言うまで上げてもいいスタンスもでてきています。
長い子だと3歳くらいまで飲んでるんじゃないでしょうか?

 

1歳でスパッと辞めることができればいいですが、ずるずる続いている人もいると思います。
私の友達の子が2歳の時に「ママ、おっぱい飲みたい」と言っていました。笑

 

授乳するときって、上あごに母乳が長い間あたりますよね。
そうすることで、甘い甘い成分が歯の裏にくっつき、そこから虫歯になってしまうんです。
なので、歯が溶けてしまっている子は、ほとんどが前歯なんです。

 

溶けるパターンで一番多いのが、夜間授乳です。
要は歯磨きした後ですね。
寝ている間は唾液が少ないため、虫歯菌が活発になるので、かなり要注意です。
もし夜間授乳をしている方がいれば、できるだけ早くやめることをおすすめします。

 

ちなみに、夜中に泣いて起きたりする時に夜間授乳をしてしまっている方。
夜間授乳を辞めたら、爆睡するようになる子が多いのはご存知ですか?
そこまでは大変かもしれませんが、それを乗り越えると、子どももママもゆっくり寝れるようになりますよ♪

 

 

<前歯が溶けてしまった人の話>

 

私がみつけた、体験談をみてみましょう。

 

「1歳半検診でひっかかりました。その時はフッ素で様子見になったので、そのままにしていました。
でも気づいたら歯に隙間が。わけがわからず歯医者にいくと、歯が溶けていると言う事でした。
もうその時はショックで仕方ありませんでした。
治療も長引きそうで、子どもも行きたがらないし、とても辛いです。」

 

「2歳の時に前歯が溶け始めてしまいました。
どんどん歯が溶けていくので、何事かと思ったら、まさかの虫歯でした。
前歯の裏は気付きませんでした。先生に授乳してないかと聞かれ、していると答えたら、それが原因かもといわれびっくりです。
今は断乳していますが、溶けた歯はそのままになっています。」

 

 

<溶けるほど悪化する前に>

 

まず授乳中の方は、とりあえず夜間授乳をやめましょう。
そして徐々に断乳・卒乳するようにしましょう。

 

そして虫歯の原因にもなる、ジュースや乳酸菌飲料、イオン水など、甘い飲み物を控えましょう。
特に水分補給がそのあたりを使っている場合は、すぐにやめましょう。
日中は、麦茶かお水にしておきましょうね。