これが世界初の歯磨き粉!!

\!!世界初!!/


最強歯磨き粉【ブリアン】誕生!

↓↓↓


▼詳細は画像をクリック▼

2歳虫歯はどうやって見つけるの?【白い部分は虫歯!?】

2歳になると虫歯ができていないか、とても気になりますよね。
2歳児の虫歯は、まだ歯のエナメルが薄いため、進行がとても早いです。

 

ですので、早めに気付かないと、気付いた時にはかなり悪化している可能性があります。

 

 

どうやって虫歯ってわかるの?

2歳で出来る虫歯の初期段階は、歯の一部が白くなります。

 

前歯であれば、歯と歯茎の間に白い膜のような感じで何かが付着していることがわかります。

 

見た目はちょっと気付きにくいですが、立派な虫歯です。

 

白いだけではなく、黒や茶色になっていることもあります。でもその場合は、白い時より悪化している場合がほとんどです。

 

「これ虫歯じゃないよね…?」

 

そう思うようなことがある時は、絶対に歯医者に行った方がいいです。

 

ちなみに私は虫歯を疑い2回も歯医者に行ったことがあります。
1度目は1歳半くらいで、歯に黒い粒が付いていました。
ガーゼでぬぐってもとれない、何をしてもとれない…変なタイプの虫歯!?
と思って行ったのですが、先生のピンセットであっけなく取れました。ゴミでした。笑

 

2回目は歯に黒い縦筋が入っている事に気づき、行きました。
結果は虫歯ではなく、恐らく成長とともに消えるというものでした。

 

両方とも先生に「こうやって気になったことはいつでも来てください」といわれました。
私も安心しましたし、そのついでに歯全体も診てもらえたので良かったです。

 

2歳の子は自分じゃ歯の変化はわかりません。
痛みが出ている時は教えてくれるかもしれませんが、だいぶ悪化した時だけ。
ということは、気付いてあげられるのは親だけです。

 

注意深くチェックするようにしましょう。

 

 

<虫歯予防として何をすべきか>

 

歯医者の定期検診を必ず受けることです。3ヶ月に1回の検診は、フッ素を塗ってくれるだけじゃなくて、虫歯チェックや相談にものってくれます。
歯磨きの仕方も教えてくれたりするので、ぜひ通うようにしましょう。

 

今子ども向けにいろんな施策をしている歯医者さんが増えています。
診察の時にアニメを流してくれたり、診察が終わったらガチャガチャをさせてくれたり、シールをためたり…。
そういった施策は子どもが歯医者さんに通いやすくなるので、子どもに合った歯医者さんをみつけましょう♪

 

他にも、飴やジュースなどお菓子をだらだら食べしない。
親の箸やスプーンを一緒にしない。

 

そういった細かい予防法もあります。
やり方がわからない時は、歯医者さんに相談してみましょう!